VolksWagen_レストア日記
& '55OVALで日本旅
本文へジャンプ
本文へジャンプ
1955年式 Volks Wagen Type-1


これは、水切りのゴムパーツを取り付けるための鉄製のチャンネル部分です。最も雨水による影響を受けやすい部分であるので、ほぼ全体にわたって腐食していました。



タガネを使って腐食したチャンネルはすべて引き剥がし、入念に防錆処理を施します。



このパーツ(ウェザーストリップスティールチャンネルと言います)も新品が手に入るので、すべてそれに付け替えてしまいます。



これはタイヤハウス内のアンダーコート(下回り塗装)を、剥がしているところです。昭和の頃の車検制度では、検査時に下回り塗装を義務付けていた制度があったためこの車にも例外なく、何層にも重なるアンダーコートがびっしりと塗られていました。
※トーチであぶっているのは、塗装を柔らかくして剥がしやすくするためです。



これら作業を、前後左右全てのタイヤハウスに行いました。塗装の下準備段階では、新しいアンダーコートを吹きつける予定です。


△ 鈑金編 目次に戻る △