VolksWagen_レストア日記
& '55OVALで日本旅
本文へジャンプ
本文へジャンプ
1955年式 Volks Wagen Type-1


「フレームアップ」とは、車体(BODY)とシャシー(CHASSIS)を分離する作業のことです。手前に見えるのは、分離した車体を載せて支えるための自作治具です。



あらためて見ると、状態の悪い部分が次々と発見されます・・・



車体のあちこちが錆びていますが、中でも一番腐食が激しい部分がこの部分です。ここは「サイドメンバー」と呼ばれ、車体下部を前後つないでいる重要な部分です 。


△ 鈑金編 目次に戻る △