VolksWagen_レストア日記
& '55OVALで日本旅
本文へジャンプ
本文へジャンプ
1955年式 Volks Wagen Type-1


フロント側に回り、タイヤハウス周辺の復元に取り掛かります。先端部分は、サビによる腐食のために見事に朽ち果ててしまっています…。
黒く写っているのが、今回あらたに貼り付ける予定の新パネルです。



正面からの画像ですが、すでに腐りのひどい箇所は切り落とし、防錆処理を施して、新しいパネルを溶接する工程に入ったところです。



これらは切り落とされたパネルの残骸です。
もはやこれが車の一部であったことの面影すらありませんが…。



新しいパネルを組み上げて、溶接すれば完了です。
このような新品パーツ(社外品とはいえ)が、いまだに手に入ることが、世界中で最も生産された台数が多く、今なお需要のある車であることの証明ともいえますね。


△ 鈑金編 目次に戻る △