VolksWagen_レストア日記
& '55OVALで日本旅
本文へジャンプ
本文へジャンプ
1955年式 Volks Wagen Type-1


溶接をすれば、ひとまずサイドメンバーの移植手術は完了です。



1955年式と1975年式の車体の一部が、ほぼ何の加工もせずに移植できること自体が、フォルクスワーゲンの互換性の良さを証明しているといえます。

右クォーターパネルのレストア
この部分(クォーターパネル下)もよく腐食する部分です。
ここも同じように、痛みの激しい部分は切り取ってしまします。
移植した後では手の入らない部分には、溶接をする前にしっかりと防錆加工を施しておきます。
しっかりと位置を合わせて
溶接し、こちらも移植手術完了です。


△ 鈑金編 目次に戻る △