VolksWagen_レストア日記
& '55OVALで日本旅
本文へジャンプ
本文へジャンプ
1955年式 Volks Wagen Type-1


 鈑金とは、自動車のパネルや外装部分の鋼板を熟練した職人さんが、専用工具と熟練の勘を使用して、叩いたり、圧力を加えたり、押したり、引いたり、熱したり、冷ましたり、伸ばしたり、縮めたりすることで、元通りに修復する作業です。
 プロフィールでも書いてあるとおり、管理人の本職は自動車関係ではなく、過去に自動車塗装の仕事を少し経験したことがある程度で、鈑金に関しては、ほぼ素人だったりします。作業の工程については、いろいろと突っ込みどころもあるかと思いますがご了承ください。

鈑金編 目次


画像をクリックするとそれぞれのページへリンクします


△ ページ上に戻る △