VolksWagen_レストア日記
& '55OVALで日本旅
本文へジャンプ
本文へジャンプ

1955年式 Volks Wagen Type-1



シャシーフロント側のブレーキのマスターシリンダーと呼ばれる部品の画像です。言うまでもなく、車にとってのブレーキとは、とてもとても重要な機構ですので、これらも全て新品に取り替えると共に、年式の新しいタイプ(タンデムマスターシリンダー)を取り付けます。



スティールパイプを専用のツールで曲げているところです。この配管を通してブレーキオイルの油圧により前後輪のブレーキが作動します。これらの取り回しも、とても重要な作業ですので慎重に行ないます。



シャシーの後部の画像です。トランスミッションはシャシーに組みつけています。パイプの結合部のジョイントも漏れや緩みの無いようにしっかり固定します。



これは反対側に回って、シャシーの左後方から見た画像です。中央付近に見えている黒いチューブは、クラッチのワイヤーを通すためのものです。ボーデンチューブという部品で、これに適度のたわみがないと、クラッチペダルが重くなったりワイヤー切れの原因となります。


△ シャシー編 目次に戻る △