VolksWagen_レストア日記
& '55OVALで日本旅
本文へジャンプ
本文へジャンプ

1955年式 Volks Wagen Type-1



もちろん魚の干物とは、何の関係もありませんが・・・
画像は全てのパーツを取り外した後に、上下逆さまにひっくり返した状態です。ボディ側もそうでしたが、助手席側(画像だと右側)の腐食が目に付きます。



電動ワイヤーブラシによる、壮絶なサビとの戦いの結末です。
およそ50年分のサビと下回り塗装が辺り一面に飛び散りました。



ボディのサビ処理でも大活躍した、おなじみのPOR-15をハケ塗りです。
そもそも、このような用途で使われる塗料ですので、仕上がりは抜群です。


△ シャシー編 目次に戻る △