VolksWagen_レストア日記
& '55OVALで日本旅
本文へジャンプ
本文へジャンプ

1955年式 Volks Wagen Type-1



これらは、トランスミッションとアクスルシャフトとを連結するのに必要な部分たちです。左からプラスチックパッキン、中央上スラストリング、右上デファレンシャルギア、中央下サークリップ、右下ファルクラムプレートx2 になります。



1961年製造以降のトランスミッションであれば、アクスルシャフトの脱着作業は楽です。上の画像は、今回の作業で取り付ける予定の1978年製トランスミッションです。



あらかじめ、デファレンシャルギア(通称:デフ)とアクスルシャフトを組み込んでおきます。連結部には、ファルクラムプレート(かまぼこ状の板という意味)x2を挟み込んでいます。



準備ができれば、そのまま差し込むだけです。古いミッション(スプリットケース)のように、分解する必要はありません。その後、手前に見えているスラストリングをミッション内の切り欠きに合わせてはめ込んでおきます。



サークリップで、シャフトが抜けてこないように固定します。



両面にオイルを塗りつけたプラスチックパッキンを、間に挟むような感じでアクスルチューブのカバーを取り付ける準備をします。この際、ベンガラ色をした紙パッキンも一緒に挟み込むのですが、これは、オイルの漏れを防ぐパッキンの目的のほかにも、アクスルチューブを取り付けた際のクリアランス(すき間)をとるためのシムの役割も果たしています、具体的には規定のトルクでボルトを締めこんだ時に、アクスルシャフトが無理なく動くように枚数を調整します。



規定のトルクで締めた状態で、アクスルシャフトが無理なく動けばOKなのですが、そう簡単にはいきません。動きが固い場合はNGですし、緩すぎてもダメです。



最後にアクスルシャフトにブーツを取り付ければ完了です。
ゴム製のパーツは、消耗品ですので新品を取り付けています。


△ シャシー編 目次に戻る △