VolksWagen_レストア日記
& '55OVALで日本旅
本文へジャンプ
本文へジャンプ
1955年式 Volks Wagen Type-1


取り外したガソリンタンクを裏側から見た画像です。
当然錆びてはいますが、程度はそれほど悪くはありません。それより問題なのは、画面中央に見える「燃料コック」です



ガソリンの通り道であるパイプの内径が3mmと非常に細いうえに、劣化による損傷も酷かったため、画像右側の汎用コック(内径8mm)へと交換します。



タンクの底面にネジ溝を切り、汎用コックを取り付けました。



オリジナルと汎用コックの比較画像です。内径の差は倍以上あります。
今回の交換に伴って、もちろんそれに合う燃料パイプも準備しなくてはなりません。右の画像は、新しい燃料コックに併せて用意した8mm径の銅管です。


△ 準備編 目次へ戻る △