本文へジャンプ
大分〜宮崎編

【 10月14日(木) 午前9:30 】
まずは、大分県庁に立ち寄り、恒例のスタンプラリーです。
2008年の国体?の際に作られたモノのようです。
ということは、それ以前のスタンプもあるのでしょうかね?


This text will be replaced

九州最東端の「鶴御崎」に向かう道です。
山あり海ありトンネルありと、なんでもありです。
たまにガードレールが無いところがあったりするので「チンさむ」にもなれます。



【 10月14日(木) 午後0:00 】
九州で最も東側の岬である、「鶴御崎(つるみざき)」に到着です。
各地の岬めぐりをしていると、それぞれに微妙に異なる特徴があることに気が付いてきました。


This text will be replaced




駐車場から10分ほど歩いた先に灯台ありました。
車を降りてから灯台までの距離も、岬によって様々です。





鶴御崎の岬には、灯台以外の建造物もチラホラ見かけます。



「天空の城」にでもありそうな風景ですが、実はこれ旧日本軍の施設跡なのです。
なるほど日本の端となると、国防の最重要拠点となるのは必然です。
調べてみると、ここ以外でも戦時中は、全国各地の岬には軍の施設が点在していたようです。



これは、頂上に設置されていた見張り台?の建物跡です。
内部に見えている円柱形の上には、方角が記されていたようです。



防空壕ですね。
さすがに中に入るのは危険(の看板は手前に落ちてますが)のようです。



同じく「鶴御崎」にありますが、こちらは戦時中の建物ではありません。


表側に回ると・・・



「軽食&喫茶 遊海人」
ここが観光地であった事の名残りでしょうか…
今はむなしく廃墟と化しています。


This text will be replaced

九州最東端の「鶴御崎」に向かう道中。第2弾です。



--- 今回の走行距離349km(赤線) ---


→ NEXT 「 宮崎〜鹿児島編 」へ