本文へジャンプ
宮崎〜鹿児島編

宮崎県といえば、やはりこの方ですね。



【 10月15日(金) 午前9:00 】
朝一に立ち寄ったのですが、すでにたくさんの観光客が訪れていました。
県庁の職員さんや、警備員さんたちも見物人の扱いには慣れているようで
あれやこれやと宮崎県について説明してくれました。



スタンプと共に、県民手帳?(スケジュール帳)をいただきました。



道の駅「」(場所は失念)で休憩中に買いました。
「マンゴー味ソフトクリーム」です。
宮崎といえばマンゴー。甘いっすなぁ〜。



「きなこ豚の陶板焼・かんぱちのお刺身・レタス巻・釜揚げうどん」の4品を合わせた
ホテルの宿泊プランのひとつである『期間限定の特別定食』を頂きました。
※注:「きなこ豚の陶板焼」はお膳からはみ出しているため見切れていますが・・・


さて次は、九州(本土)最南端に向けて鹿児島県へ向かいます。



【 10月15日 15:00 オドメーター 61110km 】
佐多岬にいたるまでの道が、少し前までは有料道路であった名残りです。
地元の民間企業がこのあたりを所有して管理・運営していたためであるとのこと。
2007年に自治体へと委譲されてからは、町道となっているようです。


This text will be replaced

さすがにロードパークと銘打っているだけに、なかなか楽しいです。



展望台がある公園は、現在も民間企業が管理しており有料です。
公園にいたる道は、お世辞にも手入れが行き届いているとはいえません。
しかし、これが逆にいい味を出しているともいえます。



【 10月15日(金) 午後4:00 】
本土最南端に到着です。
左下に写っている灯台までは、徒歩で行ける道はありませんでした。



実はココには灯台よりも気になる施設があります。公園の展望台です。
よく見てください。
ガラス窓のサッシが一部を残して無くなっています。



入り口(らしきもの)も、来客を歓迎しているような雰囲気ではありません。
コンクリート壁も、所々で剥がれ落ちています。


This text will be replaced

柵があるとはいえ、かなり恐怖です。風も強いし・・・
自治体が管理している施設であれば、このような危険な状態での放置は
あり得ないのかもしれませんが、現時点では、あくまで民間の公園施設です。
警告を無視して事故になってしまっても、それは自己責任なのであります。



【 10月15日(金) 午後5:00 】
本土最南端の道の駅「根占(ねじめ)」からみた海岸線通りです。
右奥に見えているのは、薩摩富士と呼ばれている「開門岳」ですね。



--- 今回の走行距離366km(赤線) ---


→ NEXT 「 」へ