VolksWagen_レストア日記
& '55OVALで日本旅
本文へジャンプ
本文へジャンプ

1955年式 Volks Wagen Type-1



ポップアウト・ウインドウとは、開閉式の窓のことを指します。
正確には、この年代のType-I には、ポップアウトウインドウは付いていないのですが、非常に程度の良いオリジナル(1960年前後製)を手に入れていたので装着してみました。室内の換気の機能はもちろんのこと、外観の2重のモールも良い感じです。

 

これらの作業は、塗装が完了してからおこなうことも可能なのですが、ボディの鋼板に直接穴を開けるような場合には、極力塗装の前に行なうことが重要です。塗装後に穴あけ加工した場合には、再度、防錆の処置を行なう必要があるからです。

 

左側が今回取り付ける本国ドイツ製のポップアウトウインドウです。当時のオプション装備品だった上に、〜1964年までの物は流通数が少なくレアな1品です。右側が本国での生産終了後に、南米で生産された物と思われます(アウディのロゴがあるため)


△ 塗装編 目次に戻る △